2016/11/30: 木瓜爺のニコン FM2/T & FM3A (No.2880)

十日程前、倅の所から ニコンのFM2/T というカメラが戻って来ました。山登りFM2T 161130-1 F8857の時使える確りしたカメラがないかと云われて貸し出した(?)のが、2005年頃でしたから、10年ぶりの帰還です。カメラの保管庫の湿度調節が故障したので、カビが生えるといけないからと云うことでしたが、今となってはフィルムで写す事もなくなったので、厄介者になってしまったというのが真相でしょう。このカメラの弟分で、木瓜爺の手元にあったFM3Aと久しぶりの対面です。上の写真が「FM2/T」、下がFM3Aです。FM3A-161130-2 F8870

青年木瓜爺が写真にのめり込んだ頃は、まだ一眼レフは「アサヒレフ」くらいしかない時代でした。木瓜爺はレオタックスFを卒業して、ニコンSPを中古で入手、これで変わりゆく武蔵野などを撮り歩いておりました。そのうちペンタプリズムの乗った一眼レフが各社で一斉に発売され、ガールフレンド達の写真を写すために、たしか最初に買ったのはミノルタSR1というカメラだったと記憶しています。このカメラ、直ぐにマウントを替えてしまいます。レンズの自動絞りの方向が逆になったのだったか?古いレンズが使えない変更だったので、こんな会社は信用出来ん!と、腹をたて、コニカFSとか云うのに買い換えました。このコニカFS ちょっとレンズに欠陥があったらしく、最小絞りまで絞り込むと、回折のイタズラか中央がふわっと白くなってしまい、どうも使いにくい。で、三台目にしてニコマートFTnというのにたどり着きました。これはニコンの入門機で、縦走りフォーカルプレンをOEMで取り入れたものでした。ここから、35ミリ一眼レフのニコンとの付き合いが始まったのです。ニコンFは既に発売されていましたが、それを買うには資金が不足でした。子育て時代に入ると、もう高価なカメラは買えなくなりますので、ずーっとこのニコマートと付き合っていました。AFの一眼レフとしてF801を入手したのは、1990年近くになってからと思います(F801は多分1988年発売)。このあと、木瓜爺の物狂いが始まってしまいます。原因はよく分からないのですが、家のローンもそろそろ払い終わり、長男も成人に達し・・と、いろいろな面で経済的にもゆとりが出来てきたのでしよう。そうそう、F801を倅が米国出張に持って行って、海水につけてしまうという事故が起きました。その時、F70Dというのを買ったのだったか? このF70Dは子供達の結婚式の記録などを引き受けてくれました。動機がよく分からないのですが、その一方で、F90Xsというのを、中古で入手します。それと同じ頃、先ほどのFM2/Tを新品で入手したようです。こちらはには理由がありまして、ニコマートFTnでぽつぽつ集めていたMFのレンズをFM2/Tで使用したかったのです。F90Xsのほうは、F70Dの上位はどんなカメラかという好奇心かもしれません。F90Xsを使って見ると、次に欲しくなるのは一桁のFです。とうとう、F90Xsを下取りに出して、F5の中古を入手してしまいます。1999年の事でした。重いカメラは手ぶれFM3A-161130-3 F8875しない!と、大喜びしたのですが、山登りに担いで行って、これは重すぎる! で、またまた中古のF100を入手したのが2001年。買った途端に、FM3Aが出て、スペックを見るとMFとしては、これが最終形になりそうだと買ってしまったのです。特に、標準レンズとして付けていたパンケーキ型45ミリが欲しくて欲しくてだったのです。この写真をちょっと入れます。フードを外すとこんなぺったんこのレンズです。そしてフードが通常とは逆のラッパ。つまり、レンズ側が52φで、開口部は33φだったか・・これが嬉しいのは、雨など降ってきたときにレンズに水滴が付きにくいのです。11/24日に雪が降りましたが、この時、D700にこの45mmを付けて、写真を写しに出でました。DSC_6157- 2016-11-21

DSC_6179-B 2016-11-21FM2/Tの方に付いていた35mm f1.4 のレンズは、明日から始める豊岡街道散歩で、使っています。古いレンズですが、最近のデジタル用レンズよりも個性的というのでしょうか、使い方次第で良くなったり悪くなったり・・面白いというのが正直な表現です。50mm f1.2 もありました。これも写して見よう・・・

話を戻して、何となく増えてしまったニコンコレクション、デジタルカメラを買うときの下取りでだいぶ減らしましたが、F801(修理しました)、F5,FM2/T、FM3Aの四台が残っています。F801は動作には問題ありませんが古すぎてもう売ることも出来ません。最後まで手元に残るフィルム・カメラを志願しているらしい・・

F5も1.5万円位にしかなりません。FM2/Tは、十年前にはまだかなり高かったのですが、現在は2.5万くらいでしょうか? F5よりは高く売れます。 FM3Aが一番高くて、良品なら4.5万くらいでしょうか? 新しいカメラを買うなら査定は少し高くなります。デジタル式のメニュー操作は苦手なので、FMのカメラに近いデジタル機として、気になったのが、DFです。
デジタルの、D200,D300,D700を含めて全部処分して、精密機械と言われるDFの中古でも入手し、冥土の写真を写しに行こうか・・・などと、考えている木瓜爺です。そのとき、どのレンズを残しておけば良いのか、総点検開始です。そうそう、Dfに付いているNikonのロゴは、FM2/Tと同じ形です。全部のカメラを換金しても、新品は買えないでしょうが、程度のよい中古を探します。・・・ただ、D800やD610も中古なら同じ価格帯になっていますので、迷いますね。

広告
カテゴリー: カメラ, 雑談, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中