2017/02/09:谷保天神付近;木瓜爺撮歩52-16 梅林と大六天神社 (No.2951)

「谷保天満宮」の横に、小さな梅林があります。小さいと云うことは、老人の散歩には丁度良いということでして、木瓜爺も老人クラブのデジカメサークルを連れて来ることm52-16-01 F5232を考える場所です。ただ、「梅の花見るなら、うちの庭にあるから・・・」という、へそ曲がり老人も結構いらっしゃいます。人間動きたくないという欲望(?)に取り憑かれますと、何とでも理屈をつけられるものでして・・・「老人性鬱病」だなどと、医者を儲けさせ、健康保険制度を危機に導く動力になって行くのであります。脱線気味です・・・話を戻しましょう。「滝之院」から、梅林に行きます。m52-16-02 F5233横断歩道を渡りましょう。大鳥居をくぐって、真っ直ぐ行って二の鳥居の先の階段を下って右側が天満宮です。下り参道は珍しいのですが、昔の甲州街道は、下にあっただm52-16-03 F5236けの話。梅林は参道の途中から左にそれて、トイレを目指す方向。左の写真は、トイレの前で写しています。右手に売店があり、甘酒などが置かれています。

梅の咲き具合を偵察に来た木瓜爺です。2,3枚写して行きます。m52-16-05 F5242

早咲きの紅梅は最盛期、白い花は咲き始めといった状態ですね、m52-16-04 F5241

 

 

 

梅林の中にある小社。これは何でしたっけ?ちょっと昔のブログを覗きます。29- 木瓜爺撮歩52-11 谷保天神の梅林と境内社 (No.1452)  何か分からなかったようです。Choi-Boke爺ちゃんは、天神様が梅を眺める所だなどと書いております。

梅のようすが分かりましたので、本日の目的地の一つ、「大六天社」を探します。現在の甲州街道から入る時、大鳥居の横に駐車場があるのですが、その隅の方にあるのです。下の写真は、駐車場を東側から写していますが、左に鳥居が見えますね。ここがm52-16-06 F5246「大六天社」なのです。駐車場を使う方以外は発見しにくい場所でした。「新編武蔵風土記稿」には、記載されていません。ただ、「四ッ谷村」の西の方の小名「北川原」の「第六天社」が村の鎮守として記録されています。「四ッ谷村」が府中市の四谷であるとすると、ここからは離れていますが、何らかの関係があるのかも知れません。「第六天」というのは、元々は「欲望」によって仏教の修行を妨げる魔物(他化自在天)を祀った神社でした。それで、寺の近くに小社が作られていることも多いのです。廃寺になった「安楽寺」に付随していたのかも知れません。そう考える方が自然かな?m52-16-07 F5247 明治以降の祭神は、天神第六代ということで、面足尊 m52-16-08 F5248(おもだるのみこと) ・惶根尊 (かしこねのみこと)・・日本書紀準拠の場合・・あたりになっています。周囲には石碑がいくつか建っているのですが、由来記的なものは皆無でm52-16-09 F5251した。

社殿の扉を開くことが出来ましたので、神殿を写させていただきました。ご神体は「白幣」のようです。

「ありがとうございます」と、お賽銭を投入し、参拝。慎重に扉をしめました。

次は、どこに寄ろうかと、地図を眺めます。「東福寺別院」というのがあります。ウーン、東福寺って、西国分寺にあるお寺だよなあ・・何を作ったのだろうか?分からないから、見て来よう・・・

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

2017/02/09:谷保天神付近;木瓜爺撮歩52-16 梅林と大六天神社 (No.2951) への4件のフィードバック

  1. 川﨑智子 より:

    はじめまして。第六天魔王神社のある元八王子町松子舞団地に住む者です。いつも楽しく拝見させていただいております。とても勉強になります。訪問の仕事をしていますので、帰りなどふらっとそのままその地域の神社仏閣を勘で歩いています。お写真ありがとうございます。
    なんとなくですが私の自宅付近が元の神社があったところだったのではないか、と感じてます。
    これからも参考にさせていただきます。梅もよい季節、ご自愛くださいませ。

    • bokejii より:

      川﨑智子様 コメントありがとうございます。 何かのお役にたてば幸いです。訪問時に、その近くの神社や寺院の昔話など聞いていただくと、また新しい情報になるかも知れませんね。 これからも、木瓜爺ブログをご訪問下さるようお願いもうし上げます。 なお、「木瓜爺 うろじウロウロ」という別ブログで、年寄りの心理的迷走ぶりを告白(?)しつつありますので、お気が向きましたらご覧下さい。Googleの検索でヒットすると思いますが、こちらの「木瓜爺ブログ」の固定ページからも入れるようにリンクがつけてあります。

      • bokejii より:

        追記: 第六天魔王神社は、懐かしいです。 このブログですね。 https://bokejii.wordpress.com/2014/01/11
         ブログタイトルは「大六天魔王神社」と書いてしまったのですが・・・

  2. 川﨑智子 より:

    失礼いたしました。大六天魔王神社です。
    日差しもしっかり気持ちの良い日ですね。山桜はもう始まっているのでしょうか。
    ご自愛くださいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中