2017/02/11: 谷保天神付近;木瓜爺撮歩52-18 一本松・白山神社 (No.2953)

IC入口まで戻って、歩道橋を渡り、歩道橋の所からナナメに入って行く狭い路を見つけm52-18-01 F5290 白山神社入口ました。写真はあとで向かい側から写したものです。暫く進むと「一本松公会堂」。ははあ、この裏辺りにあるな・・「神社の近くに、集会場あり」の経験則です。m52-18-02 F5280

其処までは良かったのですが、左側からまわれば良いところを、自転車の後をついて右から行ったのが、阿呆でした。行き過ぎていしまって、住宅街の中で迷子! あわてて戻って来まして、やっと見つけました。神社には鳥居があるものと思いこんでいた失敗。何もなくて、あの広場の中の木小屋が社殿だったのです。m52-18-03 F5281
少し昔の、ほかの方のブログでは、廻りに木が生えていたように思うのですが、違う場所でしょうか?
m52-18-04 F5282白山神社

 

m52-18-05 F5284このあたりは、曾て(明治期)「部落」といった差別があったという場所のようですが、現在はまったくそういうものを感じません。

社殿の中は、どうなっているのでしょうか?小神殿が置かれていました。「谷保天満宮」の御札も並んでいます。

扉にも「天満宮」のお祭りのポスターが付いていますし、「白m52-18-06 DSCF5291山神社」という名前とは関係なく、谷保天満宮の支社化しているのかもしれません。正規の「白山神社」ですと、祭神は「白山比咩大神(=菊理媛尊」ということになります。

さて、それでは、国立市から府中市に張りましょう。甲州街道に戻って、東へ・・明日からは 撮歩96に戻ります。

広告
カテゴリー: , 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中